遺産分割協議書

遺産分割協議書の書き方、流れなどについてまとめた記事となります。

遺産分割協議書

【遺産分割協議】非協力的な相続人がいるとき

遺産分割協議証明書は相続人ごとに書面を作成して署名押印します。相続人が多いとき、非協力的な相続人がいるとき、相続人が遠方に住んでいるときに有効です。
遺産分割協議書

【相続】原戸籍(改製原戸籍)の取り寄せ方法とは?

原戸籍(改製原戸籍)は相続手続きの時に必要になる場面は次の4つです。1.相続人の確定、2.不動産所有権移転登記(相続登記)手続き、3.預金口座の名義変更や解約手続き。4.有価証券(株式)の名義変更手続きです。
遺産分割協議書

【相続】いろいろな戸籍謄本

戸籍謄本とは身分事項を公的に記録した写しのことで、原戸籍とはコンピュータ上で保管されるようになる前の戸籍で、除籍謄本とは結婚や死亡等で戸籍から全員いなくなった謄本のことをいいます。
遺産分割協議書

【相続】相続関係説明図の作り方

相続関係説明図とは亡くなった方と相続人との関係を示した家系図のようなものです。相続関係説明図があると相続手続きをスムーズに効率よく進めることができ、戸籍謄本などの書類を何通も取得する必要がなくなります。
遺産分割協議書

【遺産分割協議書】遺産分割協議書を書く時に注意すること

遺産分割協議書は法的効力を持つ書類です。1.被相続人の遺言書がないかどうか確認すること、2.相続人全員が同意しているかどうか確認すること、3.遺産分割協議書に必要書類を準備すること、4.相続人の現況や所在を確認することの4つを注意しましょう
遺産分割協議書

【遺産分割協議書】遺産分割協議書の作成の流れとは?

遺産分割協議書の作成の流れは①遺言書の有無の確認、②法定相続人の調査、③相続財産の把握、④相続人全員での遺産分割の話し合いと合意、⑤合意した内容を遺産分割協議書に記載、⑥相続人全員で署名、実印の押印、印鑑証明書取得となります。
遺産分割協議書

【遺産分割協議書】専門家に遺産分割協議書の作成を任せた方がよい場合

遺産分割協議書はご自身で作成することができますが、専門家に任せた方がよい場合もあります。専門家に遺産分割協議書の作成を任せた方がよい場合は、①相続財産が相続税の基礎控除を超える場合、②相続財産に不動産が含まれる場合、③相続人に疎遠な方がいる場合です。